独立

スポンサーリンク
税金

税理士選びの注意点。税理士の僕が自分の顧問税理士を選ぶならこんな税理士

税理士との顧問契約、それはつまり、税理士との継続的な付き合い。 顧問税理士をさがすときに気をつけたいことを、税理士の立場から、またサービスを受ける側の立場からも考えてみました。 ご近所さんはやめておく ゴミ捨てのときに会ってしまう...
営業

口座振替が嫌い・・・口座振替とクレジットカード決済の比較。そのメリット・デメリット、消費者側とサービス提供者側から考える

口座振替で引き落とされるのがどうにも嫌いで、自分が提供するサービスにおいても口座振替は採用していません。 (↑広告で見かけた大容量財布。たしか特急ひたちのフリーペーパーだったような。。) ジムに入りたくないのは口座振替のせい スポ...
マーケティング

ブログと会社のウェブサイトは分けるべきか?

ブログと税理士事務所のウェブサイト、2つを運営しています。それぞれ別のドメインです。 2つ運営する意味はあるのか?1つではダメなのか? 結論としては、1つからはじめたほうがいいと思います。 ウェブサイトは1つから始めよう 現在、...
節税

節税、その前に。節税するために必要な前提条件とは

税金憎し・・・でも、その前に。 (↑家内安全、商売繁盛・・・) 節税とは? 節税(せつぜい)とは、合法的に支払う税金の額を少なくすることをいいます。 今回は、法人税や所得税などの利益に課される税金を前提に話を続けます。 節...
フリーランス・個人事業主

フリーランスが作るべき印鑑はこの1本でOK

余計なものは買わない。印鑑も僕らの貴重な時間を奪う「余計なもの」のひとつ。 印鑑文化は伝統文化として実社会から切り離し、古典として守っていけばいいのではないでしょうか。 (↑印鑑は最も安いものを買う主義) フリーランスがあえて1本...
営業

きみが経済をまわす必要はない

「経済をまわす」を言い訳に無駄遣いをしていないか。自分への戒めとして、書いてみました。 お金は使わない。売上に結びつくような行動しかしない。 無駄なお金は使わない2020。すべての行動を売上に結びつける2020。 まずは、稼が...
起業・独立

仕事に追われず、やりたいことも全部するためのスケジューリング

仕事に追われないことは、その仕事の質を高めることにもつながります。 また、やりたいこと全部にチャレンジすることは、たとえそれが失敗したとしても、人生を豊かなものにしてくれるでしょう。 締切がないと取りかかれない症候群 自分はどちら...
フリーランス・個人事業主

フリーランスの消費税。去年の売上が1,000万円を超えた場合の、今年1年間の過ごし方

独立・開業まもないフリーランス・個人事業主の方が、消費税について気をつけるべきことをいくつかあげてみました。 消費税は3年目から 開業して1年目、2年目は消費税を支払う必要はありません。(※例外として、2年目から支払わなければならな...
起業・独立

独立したら雨の日は通勤しない

土日祝日だけを楽しみに生きていた頃、どんなに6月が憎かったか・・・ 6月が嫌いだった 6月が嫌いでした。それはきっと僕だけじゃないはず。 なぜなら、6月には祝日が1日もないから。 6月は僕の誕生月ではありますが(どうでもいい話で...
仕事

スターウォーズ〜ネット通販での怖い思い出〜

ネット通販サイトのレビューや星での評価。 まだウブだった頃、気楽に評価したのがとんでもないことに。 Amazonであった怖い話 10年ほど前、Amazonでとある商品を買ったときのお話です。 その購入した商品、箱の中身が違うもの...
節税

開業前の支出も経費になる。サラッと解説!創立費と開業費【法人・フリーランスの経理】

法人設立、フリーランス・個人事業主として独立・開業。 事業開始前の領収書も取っておきましょう。 経費になります。 法人として事業を開始する前に支払ったもの(創立費・開業費) 法人を設立する前に支払ったものも、経費になります。 ...
レベルアップ!

初日は「コーラわらび餅」。毎日1つは新しいことをやる「1日1新」のすすめ

1日1新。初日は「コーラわらび餅」 毎日1つ、新しいことをするチャレンジです。 毎日何か新しいことにトライする 「1日1新」として、このブログの末尾に前日におこなった新しい何かを記録しています。 僕が今さら言うまでもありませんが...
起業・独立

破られる約束への対処法

違うと思ったら逃げる。「逃げる」をネガティブに捉えず、ポジティブに捉える。さあ、逃げよう。 当初の約束はいとも簡単に破られる いつでも休んでいいよ〜 週2〜3日でいいから! などなど、甘い言葉をかけられ勤めだ...
営業

とある営業マンの名言『名刺の中に眠っている』から考える、営業の人の話を聞いてみるべきか否か

来たがる営業の人。 開業当初の暇な時期であれば、情報収集と称してお話を聞いてみるのもアリでしょう。 「なるほど!」なこともある 営業の人と話すと、気づきがあるし、自分の営業のヒントにもなったりすることはあります。 気...
スポンサーリンク