節税

スポンサーリンク
税金

貸倒引当金とは?【法人の節税】

貸倒引当金、「かしだおれひきあてきん」と読みます。 一体どのようなものなのでしょうか? 貸倒引当金とは? 売掛金などの債権について、回収できないであろう金額の見積もり計上が認められています。 それが「貸倒引当...
節税

回収できない債権(不良債権)の処理方法。貸倒損失で節税。

売上先が倒産したために回収できなくなった売掛金・・・ そんな不良債権の処理方法としては、債権譲渡や債権放棄などが考えられます。 今回は、債権放棄した金額を経費で落とすやり方をみていきます。 「貸倒損失」として経費で落と...
節税

社宅で節税

会社が社長のために住居を借りると、会社、社長ともにメリットがあります。 いわゆる「社宅」です。 ↑LEGOでできた中銀カプセルタワービル 会社が社宅を借りるメリット 会社が社長のために社宅を借りると、会社、社長のどち...
節税

役員や従業員に支払った出張手当は経費になり、しかも・・・

会社から役員・従業員に支払う出張手当は、経費になります。 しかも・・・ 出張手当 しかも、その出張手当には所得税・住民税・社会保険料がかかりません。 もらった役員・従業員の方は、1円も天引きされることなく、まるまる受...
節税

国の共済制度は節税の基本中の基本【法人の節税】

国の共済制度である、「倒産防止共済」と「小規模企業共済」。 まずはコレから。 節税の基本中の基本でもあります。 ↑東京都庁 倒産防止共済 倒産防止共済(とうさんぼうしきょうさい)。 本来の目的は、取引先の...
節税

合言葉は、30万円未満。全額いっきに経費になる『少額減価償却資産』【法人の節税】

通常は減価償却で数年にわたり経費に落としていく資産も、30万円未満のモノであれば、全額経費に落とすことができます。 ただし、青色申告であること、資本金1億円以下・従業員数1,000名以下であることが要件となります。 ↑おもち...
経理

代金の支払いがまだでも経費になります。買掛金・未払金・未払費用で節税。

実際の支払いがまだでも、今期の経費にできる可能性があります。 決算時の作業である買掛金・未払金・未払費用の計上についてみていきます。 ↑裏から見た中野サンプラザ 代金をまだ支払っていなくてもOK 決算日現在、まだ支払...
節税

決算日を変える。【法人の節税】

決算日を変えることで節税になることがあります。 なぜ節税になるのか? 決算期を変えて、利益を次の事業年度に先送りすることにより、今期の税金をおさえるという節税対策です。 節税の基本的な考え方として、「売上は遅く、費用は早く...
節税

去年の法人税を返してもらおう!

去年支払ったの法人税を返してもらえる制度があります。 「欠損金の繰戻しによる還付(けっそんきんのくりもどしによるかんぷ)」が正式名称です。 どのような場合に法人税を返してもらえるのか まずは大前提があります。 この制...
節税

資本金の額によって税金の額も変わる【法人の節税】

小規模な会社には、税金に関する様々な優遇制度があります。 小規模か大規模かの判断基準は、「資本金の額」です。 「資本金の額」を小さくすることにより、節税になります。 (資本金のないような会社形態の場合は、従業員数でみていく...
節税

固定資産を売って節税、すてても節税【法人の節税】

固定資産を売ったり、すてたりすることが、節税になります。 固定資産とは? 固定資産とは、土地、建物、車、各種備品、ソフトウェアなどのことをいいます。 それぞれ貸借対照表(B/S)に載っています。 どんな固定資産を「売った...
節税

節税の基本。売上は遅く、費用は早く。

今期の節税を考えるなら、売上はできるだけ来期に、費用はできるだけ今期に計上するようにしましょう。 法人税や所得税など、利益に対してかかる税金の節税になります。 売上の計上を遅くする方法 売上をいつ計上するかは、法律で決まっ...
節税

車を買うなら中古の方が節税なる?【法人・個人の節税】

会社で車を買うなら、中古車を買ったほうが節税になります。 ↑2年前のWヒーロー夏祭りにて なぜ中古車を買ったほうが節税になるのか? 通常、自動車については、数年間にわたり費用として落としていきます。(この費用化の方法を「減...
節税

敷金・保証金を確認せよ!会社に眠る経費の見つけ方【法人の節税】

経費にできるにもかかわらず、いまだ経費として計上されていないものがあるかも知れません。 会社の貸借対照表(B/S)、店舗・事務所・社宅の賃貸契約書を確認してみましょう。 店舗・事務所・社宅の敷金・保証金を費用計上 店舗や事...
スポンサーリンク