節税

スポンサーリンク
節税

12月でもまだ間に合う!フリーランスの節税はこの3つをおさえておこう

フリーランスの確定申告は、1〜12月までの売上・経費を集計して申告するものです。 なので、泣いても笑っても今月12月中が節税対策をするラストチャンスということになります。 あと1ヶ月弱でとれる節税対策としては、大きくわけ...
節税

法人がクレジットカードで寄付をした場合の注意点

法人がクレジットカード決済で寄付をした場合には、気を付けるべきことがあります。 特に決算間際の寄付には注意が必要です。 (公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン) クレジットカードでの寄付...
税金

収入印紙代を節約しよう!印紙税の節税

収入印紙の節約、すなわち印紙税の節税について考えてみました。 収入印紙を節約しよう ・領収書に貼る収入印紙の節約方法 領収書に貼る収入印紙の節約方法としては、次の3つが考えられます。 1回で節約できる金額は小さいかも知れ...
ベッドルーム起業

なぜ法人化すると節税になるのか

個人事業を法人化すると得られるメリットの1つに、「節税」があります。 会社と社長は別人格 会社と社長は別の人格として考えます。 よって、社長は自分の会社から給料をもらうことになります。 それは、従業員がいない社長だけ...
節税

カラ出張はダメだけど、出張手当ならOK。出張旅費規定があれば2度おいしい

出張したことにして経費に入れてしまうカラ出張、もちろんやってはいけません。 しかし、出張手当として会社から現金の支給を受けるのはOKです。 出張手当のメリット 出張手当とは、1回の出張につき支払われる手当のことをいいます。...
節税

償却資産税を安くするためにできる3つのこと

固定資産税の1カテゴリーである、償却資産税。 その償却資産税を安くするために比較的簡単にできることが、3つあります。 1,12月末までに固定資産台帳をチェックしよう 償却資産税は、「1月1日」時点に所有している固定...
税金

法人の交際費は経費で落ちないこともある

交際費、接待交際費、交際接待費、いろんな呼び方がありますが、どの呼び方でもOKです。 接待した際の飲食代や手みやげ代などは、もちろん会社運営にあたって必要不可欠な費用です。 しかし、法人税の計算をする場合、その全額が経費で落ちる...
節税

ドーン!と経費をつくって節税できる「短期前払費用」の注意点【法人の節税】

例えば、来期1年分の家賃を今期中に支払い、「今期+来期」で2年分の家賃を経費で落とすことができます。 この来期1年分の家賃の前払いを、「短期前払費用」といいます。(読み方:たんきまえばらいひよう) ただし、この前払いについては注...
税金

損金(そんきん)とは?

「損金」、読み方は「そんきん」です。 会社の節税の話しになると、「損金算入(そんきんさんにゅう)」なんて言葉をよく耳にすると思います。 そんきんとは? 「損金」は、法人税の専門用語です。 法人税における経費のことをい...
節税

漏れがないかチェックしよう!法人の節税対策まとめ

「法人の節税」についてのまとめページです。 「今すぐできるもの」と「多少準備を必要とするもの」に分けてピックアップしてみました。 まだ取りかかっていない節税対策はないか、チェックしてみましょう。 今すぐできる節税 今...
税金

赤字でも7万円。法人の税金。

法人税、法人事業税、法人住民税。 これらは、法人の利益に対してかかってくる税金です。 しかし、利益が0であっても、または赤字であっても、法人住民税だけは最低7万円かかってきます。 その名も均等割(きんとうわり) 法人...
節税

リベート、キックバック、売上割戻を未払計上して節税する

リベート、キックバック、売上割戻・・・すべて同じものです。 これらを未払計上し、経費で落とすことが可能です。 リベート、キックバック、売上割戻とは? リベート、キックバック、売上割戻。 説明していく都合上、以下、「売...
税金

償却資産税とは?わかりやすく&簡単に解説

法人税や所得税、消費税などのほか、事業をやっているとかかってくる可能性があるのが、この「償却資産税」です。 償却資産税とは 償却資産税、「しょうきゃくしさんぜい」と読みます。 減価償却資産を持っている事業者に対して...
節税

決算月に賞与を。決算賞与、法人の節税。

決算月に従業員に対して出すボーナスを「決算賞与」といいます。 通常のボーナスは、実際に支給しなければ経費で落とすことはできません。 しかし、この決算賞与については、なんと、未払いでも経費計上がOKとなります。 ボーナスを出...
スポンサーリンク