「国旗カード」にそんな効用が!その3つの効用とは

くもん社の『世界の国旗カード』、今子供がハマっています。

最初はピアノの先生のところで見てハマったようです。

「世界各国の国旗を暗記している天才幼児」みたいなテレビ番組を観たことはありますが、国旗を覚えること自体に、みんなの前で披露して褒められる以外どんな効用があるのか、なぜくもん社が『世界の国旗カード』なんて出版しているのか、正直よく分かりませんでした。

Flag card1

※この記事は、投稿日時点での法律・状況等に基づき執筆しています。

国旗カードの3つの効用

くもん社の解説によると、『世界の国旗カード』には次の3つの効用があるようです。

実際に子供が国旗カードに触れている姿を見ていると、「なるほど、確かにそうかも」と感じます。

色や形を識別する能力を高める

単純ではあるけどデザイン感覚にすぐれている世界の国旗、その国旗と国名を対応させることで、色や形を識別する能力が高まります。

ことばの発達をうながす

国旗の意味ある図案と国名を対応させることは、色や形の識別能力を高めると同時に、ことばの発達をうながします。

世界の国々への関心を広げる

カードの裏面には、その国の「首都」と「国旗のいわれ」が書いてあり、それを読むことで世界の国々への関心が広がるというわけです。

我が子の場合

我が子の場合は、好きな国旗については裏面を熱心に読んでいました。ちなみに、好きな国旗はサウジアラビアとスリランカです。その理由は、国旗に剣があしらわれているからだそうです。

ちなみに、誕生日のプレゼントにはライトセーバーをご所望しております。

Flag card2

第1集は覚えてしまったため、第2集と第3集も買いました。大好きなサウジアラビアとスリランカが入っている第1集ほどは、ハマってはいないようですが・・・

最後に

国旗なんて覚えて何の役に立つの?なんて思わず、「子供の好奇心の芽を摘まない」よう、常に自分に言い聞かせるようにしています。

第1集は48カ国、第2集は48カ国、第3集は101カ国、が収録されています。親子で一緒に覚えても楽しいです。

【追記】

子供の暗記力は大したもので、結局、第1集48カ国、第2集48カ国、第3集101カ国の計197カ国すべて覚えてしまいました。

せっかく覚えたので忘れてはもったいないと、たまにですが、カードを提示して国の名前を答えることを遊び感覚でやっています。

また、「あの国旗とあの国旗は似ている!」とか、「似ているけど、ココとココは違う」とか、国旗同士を比較したりして楽しむ我が子。

学問の基本は比較することだったりするので、これはいい傾向!と喜んでいるしだいです。

やはり『世界の国旗カード』、かなりおすすめです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク