いまさらながらマイナンバーカードを申請してみた

スポンサーリンク

青色申告特別控除、現行では65万円です。

しかし、2020年からは電子申告をしないとその控除額は55万円となってしまいます。

電子申告なら65万。

前川秀和税理士事務所 サービスメニュー

そろそろマイナンバーカードをつくってみるか!

My number card 1

※この記事は、投稿日時点での法律・状況等に基づき執筆しています。

スポンサーリンク

マイナンバーカードがないと電子申告(e-Tax)はできないのか?

平成31年(2019年)1月、要するに来年以降のことを前提に話すと、マイナンバーカードがなくても電子申告は可能です。

電子申告の方法としては、

  1. マイナンバーカード方式
  2. ID・パスワード方式

の2つがあります。

このうち、「ID・パスワード方式」であれば、マイナンバーカードとICカードリーダがなくても電子申告ができます。

ただし、

  • 税務署に行って、税務署の職員と対面で本人確認を受け、ID・パスワードの発行を受ける必要がある。
  • 国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」からでなければ電子申告できない。
  • 税務署からの通知を確認するには、結局マイナンバーカードとICカードリーダが必要となる。

といった制限があります。

この「ID・パスワード方式」、マイナンバーカードやICカードリーダが普及するまでの暫定的なもので、国としても導入後3年くらいを目処に見直しをしたいということです。

ちなみに、わたしはSONY製のICカードリーダを使っています。

お値段は、3,000円程度です。ICカードリーダ、果たして普及するのか!?

スマホでマイナンバーカードを申請してみた

「通知カード」と「交付申請書」があれば、今からでもマイナンバーカードを申請できます。

(交付申請書とは通知カードの下の部分の用紙のことです。)

通知カードには特に有効期限はありません。

また、当面マイナンバーカードの申請には手数料はかからないようです。

交付申請書のQRコードを読み取り、申請用のウェブサイトにアクセスします。

  1. 利用規約にチェック
  2. 交付申請書に記載されている申請書IDを入力
  3. 氏名を入力
  4. メールアドレスを入力
  5. 画像認証を入力
  6. 顔写真を登録

で申請は終了です。

My number card 2

万が一、交付申請書をなくしてしまった場合は、市区町村の窓口で再発行してもらう必要があります。

引っ越しをした場合も、新しく発行された交付申請書が必要となります。

写真のアップデート

写真は、

交付申請の登録中にスマホで撮る(操作中に自撮りする)

または、

すでにスマホに保存してある写真をアップする

の2種類方法から登録できます。

私は持ち前の反骨精神(?)を発揮し・・・というわけではないのですが、見本とは大幅に異なるレイアウトの写真で申請しました。

(↓見本)

My number card 3

(↓申請した写真)

My number card 4

結果は・・・こんな感じ↓に仕上がりました。ありがとうございます。

My number card 5

マイナンバーカードの受取

3/27にiPhoneでマイナンバーカードを申請して、4/14に郵送にてマイナンバーカード交付の案内が届きました。

週明け4/16(月)に交付案内に記載のコールセンターに電話。

その日の午後に中野区役所に受け取りに行く予約をしました。

申し込みから受け取りまで20日かかったことになります。

交付は役所へ(郵送では送ってもらえない)

マイナンバーカードは役所へ取りに行かなければなりません。

まずは受取日を電話予約(中野区の場合)

受け取りの際の必要書類は、

  1. 今回送られてきた手紙やハガキ(「マイナンバーカードについてのご案内」と「個人番号カード交付・電子証明書発行通知書 兼 照会書」)
  2. 通知カード(マイナンバーカードと交換で回収されます)
  3. 住民基本台帳カード(持ってる人のみ。これも回収されます)
  4. 本人確認書類(運転免許証など)

持ち物については予約の際にコールセンターの方から案内はあると思います。

運転免許証の場合は、交付を受けたときに登録した暗証番号が必要となります。

いざ中野区役所へ

中野サンプラザのお隣りにある中野区役所へ、いざ突撃!

1階にある8番窓口が「個人番号カード交付」の窓口です。

マイナンバーカードに暗証番号を設定

マイナンバーカードには暗証番号の登録が必要となります。

前もって準備しておきましょう。

次の2つの暗証番号を考えておく必要があります。

  1. 英数字6文字以上16文字以下の暗証番号
  2. 数字4桁の暗証番号

 



 

【サンプラザ前川くんのつぶやき】

e-Taxを利用している税理士は電子証明書というICカードを持っているので、それを使えばマイナンバーカードがなくても電子申告することができます。

そんなわけで、ずっと取得してなかったマイナンバーカード、物は試しで取ってみました。

 

【1日1新】

マイナンバーカード

花は咲く

新規のお客様の店舗