図書館利用のすすめ!もったいないのは悩んでる時間。すぐにスマホで予約しよう!(中野区を例に)

この本、気になるけど、買うのはもう少し様子をみるか・・・

いや、やっぱり買っちゃおうかな?

 

その「本を買うかどうか悩んでいる時間」、これが一番もったいないです。

 

Nakano library 1

(↑中野区立図書館のスマートフォン版ウェブサイト)

 

悩む時間を効率化

テストでもそう。悩んでいる時間がもったいない。

できるところから解いてしまうのが効率的です。

 

顧問税理士を雇う一番のメリットも、実はそこにあると思っています。

税金や経理のことで悩んでいる時間を、他のことをする時間にまわせるというのが、そのメリットです。

 

本は手軽にスキルや情報を仕入れることができるツール

千円から数千円で、手軽にスキルや情報を手に入れることができる読書。

独立・起業を目指す、あるいは独立・起業後であればなおさら、新しい情報・知識のインプットはかかせません。

しかし、経済的その他の状況によっては、気になる本を全部買うのは、なかなか厳しい。

買いたい本は買うべきですが、ちょっと気になる程度の本なら、図書館を利用して「悩む時間」と、ついでに「お金」も節約しましょう。

売上の安定しない事業開始当初であれば、財布の紐はとことん締めるべき。大事なお金、使ってやるものか!

図書館の利用は、厳しい時期をアグレッシブに乗り切るためにも、とても有効です。

 

スマートフォンから図書館を利用しよう(東京都中野区の場合)

本屋さんとかウェブサイトとかで、「ちょっと気になる程度の本」をみつけたら、

スポンサーリンク

  1. スマートフォンを取り出します。
  2. そして、Google Chromeなどのウェブブラウザをたち上げ、
  3. ブックマークに登録済みの「中野区立図書館」のウェブサイトをひらきます。
  4. 「中野区立図書館」トップページの「蔵書検索・予約」をクリック。

Nakano library 2

 

「蔵書検索・予約」のページをひらいたら、

  1. 「書名」や「著者」で、その本を検索し、
  2. 受け取る図書館を選択して、予約を確定します。

受け取りを指定した図書館にその本が入荷されると、メールで連絡がきます。

(ちなみに、発売されたばかりの本はまだ図書館にはないです。あと、人気のある本は100人待ちなんてザラです。その場合は買っちゃった方がナイス判断なこともあり得ます。すぐに仕入れるべき情報というのもあると思うので。)

Nakano library 3

利用には図書館での事前の登録が必要

ウェブサイトでの本の予約システムを利用するには、中野区立図書館(現在、全部で8館あります)に出向いての利用登録が必要です。

また、このウェブサイト、何をするにもいちいちその都度、「利用者カードの番号」と「パスワード」を求められます。

イケてるとは言いがたいのですが、ブラウザに「利用者カードの番号」と「パスワード」を登録してしまうことで、その煩わしさからは解放され、そのストレスはなくなります。

 


 

【さんプラーザ前川くんのつぶやき】

地元神社の初詣の列に並んではみたものの、かなり待ちそうだったので早々に脱落して、おみくじだけ買って帰りました。

御神酒がふるまわれていましたが、我慢しました。

 

【1日1新】

夫婦で大吉

 

【長男(7歳)のマイブーム】

スティックマン(棒人間)

 

【次男(1歳10ヶ月)のマイブーム】

スリッパ

 

スポンサーリンク