結局なにも言わない方がいいという結論になってしまう件について

スポンサーリンク

日本の学校でのエピソードは、ありがたいことに、まだまだ僕に怒りの炎をともしてくれます。

 

Yakiniku flame

(↑焼き肉の炎)

前川秀和税理士事務所 サービスメニュー

 

※この記事は、投稿日時点での法律・状況等に基づき執筆しています。

スポンサーリンク

お詫び行脚の教室訪問!お詫びする必要のないことでもお詫びしなければならないのか

ある親御からこんな話を聞きました。

 

お子様が学校でモノを壊して先生に叱られたようです。

まあ、そこまではいいでしょう。

(ここでは伏せておきますが、まあ、怒られるほどのモノではないです。他の誰かが触っても壊れたでしょう。その子が貧乏クジ引いちゃったみたいな。)

 

で、その先生、叱るだけでは気がすまなかったのでしょうか、その子に、その壊したモノの近くにある教室まで出向かせ、そのクラスの生徒たちにも謝らせたそうです。

晒し者です。

 

なぜ、そんなことをさせるのか、理解に苦しみます。

他人事ながら、その話を聞いたときは怒りに燃え狂ってしまいました。

 

僕が小学校時代の35年前ならよくあった光景ですが(最悪だ。。。)、まさかまだそんなことがまかり通っているとは驚きです。

やれやれ。(by Haruki Murakami)

 

モンスターペアレンツって言われそうだし、子供も先生から嫌がらせされそうだし・・・

そんな話を聞いたとき、僕は、

「これは、先生に言ったってもみ消されるだけだ。教育委員会案件だ!プンプン!」

と怒っていましたが、その親御さん自体は「こんなことがあったのよ〜」くらいの熱量で、ただの事実として、もう済んだ出来事として、話していただけでした。

 

もし、うちの子だったら、僕はどんな行動に出るんだろう。

他の子の話でもこんなに怒り狂ってるのだから、もっともっと感情を大爆発させているかも知れません。

 

ただ、子供のその後の待遇や何やら考えると、、、、

もしかしたら、何もせずそのままにしておくという選択をしてしまうのではないか。

大人の選択としてそれが正しいのか正直わかりませんが、ベターな選択といえばベターな選択なのでしょう。

 

プロならば勉強をし続けなければならない

プロならば今を知る必要があります。

 

時間を確保し、勉強をし続けなければなりません。

税理士だって、学校の先生だって、社会や世間にオンチな状態では、仕事なんてできないタイプの職業なはずです。

そんなわけで、学校の先生、僕にとっては今も昔も立派に反面教師であり続けてくれているようです。

ありがとうございます!

 


 

【さんプラーザ前川くんのつぶやき】

う〜ん、そろそろMacを買い替えたい。

 

【1日1新】

弥生とe-Taxソフトで消費税の申告

 

【長男(8歳)のマイブーム】

新しく買った長靴

 

【次男(2歳)のマイブーム】

口ずさんでると「なに歌?」(何の歌?)と聞いてくる