スポンサーリンク
ライフスタイル

紙の書類とサヨナラ!iPhoneでスキャンし、Evernoteに保存

今やiPhoneだけで、充分なクオリティのスキャニングができます。 ペーパレス化への第一歩を踏み出しましょう。 スキャナーいらずで、お手軽です。 iPhoneアプリ『Scannable』でスキャン Evernote社から出て...
節税

確定申告で医療費控除

個人事業主のみならず、サラリーマンの方も、医療費控除を受けるには、確定申告が必要となります。 ご自身やご家族が病院や薬局で受け取った領収書は、必ず保管しておきましょう。 医療費控除が受けられるかも知れません。 医療費控除の...
税金

意外と奥が深い印紙税〜契約書編〜

領収書だけでなく、契約書にも貼らなくてはいけない収入印紙。 領収書にかかる印紙税についての記事の続編として、今回は契約書にかかる印紙税についてみていきたいと思います。 印紙税を貼らなくてはいけない契約書3種類 印紙...
ライフスタイル

大泉学園で仮面ライダー映画初日。さすが東映のお膝元!

「T-ジョイSEIBU大泉」で『仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴースト with レジェンドライダー』(タイトル長っ!)を観てきました。 前日にオンラインでチケット予約して、午後の回を観てき...
フリーランス・個人事業主

フリーランス・個人事業主の節税。青色申告、経費、所得控除。

今年も残りわずか。 フリーランス・個人事業主の節税について、考えていきたいと思います。 今年はもう間に合わない部分もいくつかありますが、そんな方は、来年に向けて今から準備を始めましょう! 青色申告 何はともあれ、青色...
ライフスタイル

12/8、ジョン・レノンの命日

今日(12/8)は、ジョン・レノンの命日です。 ビートルズやジョン・レノンのソロを聴きなおしています。 CDやレコードもありますが、AppleMusicで聴いています。 いい時代になりました。 ナップスターに興奮し、...
フリーランス・個人事業主

【節税】30万円未満のモノなら全額経費で落とせます(法人・個人共通)

フリーランス・個人事業主にとっては、決算月である12月。 節税対策が必要なフリーランス・個人事業主の方は、もし欲しいものがある場合は、今月中に購入し、使用し始めましょう。 その際、30万円未満のモノであれば、全額経費とし...
フリーランス・個人事業主

クレジットカードで税金の支払いができる!2017年1月4日からサービス開始

来年1月4日から所得税、法人税、消費税、贈与税など、ほとんどすべての国税について、クレジットカードでの納付が可能となります。 実際の支払いは、カード会社の振替日となるため、納税を納付期限よりも先に延ばす効果もあります。 また、カ...
ライフスタイル

子連れでお泊り!エピナール那須。プールも温泉も楽しめるホテル

できれば近場で、温泉があって、安くて、ご飯が美味しくて、子供も喜ぶような宿。 思いついたのは、子供の頃に何度か行ったことがある那須。 以前に友人がすすめていたのを思い出し、ホテルエピナール那須を急遽予約してみました。
フリーランス・個人事業主

【フリーランス・個人事業主】12月でもまだ間に合う節税対策!小規模企業共済

今年も残すところ、1ヶ月を切りました。 フリーランス・個人事業主にとっては、決算月でもあります。 今年は利益が出ているというのであれば、まだ間に合う節税対策があります。 それは、「小規模企業共済」への加入です。 「所...
フリーランス・個人事業主

法人化のメリットとそのタイミング

法人化とは、「法人成り(ほうじんなり)」ともいい、個人事業主が法人を設立し、これまでおこなっていた事業をその設立した法人に引き継ぐことをいいます。 個人事業主の法人化には、どのようなメリットがあるのでしょうか? また、法人化する...
税金

意外と奥が深い印紙税〜領収書編〜

印紙税とは、領収書や契約書に課税される税金のことをいいます。 領収書や契約書に収入印紙を貼ることにより、納税します。 課税の対象となる全20種類の文書については、次の印紙税額一覧表をご参照ください。 印紙税額の一覧...
会社

【会社設立】登記する前に決めておくべき9つのこと

会社を設立するには、商業登記が必要です。 一度登記した内容を変更する際は、再び登記費用が発生するため、適当に見切り発車することのないよう、決めるべきことは、きっちり決めておきましょう。 1,会社名 株式会社にするのか、合同...
会社

【会社設立】設立費用の安い合同会社で本当に大丈夫か?!

「株式会社」、「合名会社」、「合資会社」、「合同会社」 会社を設立する場合は、この4種類の中から選択することになります。 しかし、一般的には、「株式会社」と「合同会社」の二択となります。 「合名会社」、「合資会社」は特殊な...
スポンサーリンク