子供向けの無料イベントで地域に溶け込みファンをつくる

先日、近所に新しくできた 調剤薬局で子供向けの体験教室があり、長男が参加してきました。

※この記事は、投稿日時点での法律・状況等に基づき執筆しています。

薬剤師体験

キッザニアやカンドゥーのような子供の職業体験がこんな近所でできるとは!(しかも無料で)

新しくオープンした調剤薬局での子供薬剤師体験はかなり本格的なものでした。

すごくいいイベントだったので、他の調剤薬局でも真似して欲しいです。

・キッズ薬剤師、ママにお菓子を処方する

↓飲み薬はカルピス、錠剤はチョコレートやラムネ。

実際に粉薬などを小分けしてパッケージする機械を使って包装していました。

Pharmacist kid 3

↓処方せんや薬の注意書き、薬を入れる袋もあり、本格的です。

処方される薬はすべてお菓子!長男は家に帰ってきてからむさぼり食べてました。

Pharmacist kid 2

他にも遠心かきまぜ機(?)を使って調合した保湿クリームもありました。

↓そしてクライマックスは、付き添いの保護者へお薬の説明。

案外、このお薬説明にみんな手間取っていました。

スポンサーリンク

緊張するようです。

Pharmacist kid 1

↑白衣も貸していただけます。サイズは体験申込時に聞かれました。徹底しててすばらしいです。

自分の仕事で子供向け職業体験イベントをつくってみたい

自分の職業である「税理士」も、このようなキッズ職業体験に落とし込んでみたい・・・

そして、その職業体験を子供達に楽しんでもらいたい・・・

考えてはみたものの、まだ開発できていません。

キッザニアでは、毎年期間限定で「税務署」体験ができるアトラクションがあるようです。

各店舗で抜き打ちで税務調査に行くそうです。

彼らとバトルするとか?

地域に根づくためにまずは知ってもらう

子供達を巻き込むようなイベントは、地域に根ざしたビジネスを展開する上ではとても有効です。

特に今回のような職業体験であれば、「仕事を知ってもらいファンになってもらう」可能性がよりいっそう高くなるでしょう。


【HMJのつぶやき】

長男も次男も風邪。

1人引くと家族みんなに広がる傾向が強いのですが、今回は食い止めたいです。

【昨日の1日1新】

ある契約

スポンサーリンク

音楽、子育て、特撮税理士。
独立・起業・スモールビジネス、ベッドルームから始めよう。
あなたが好きなことを続けていくために、その勇気と情熱をサポートします。

スポンサーリンク